• Home
  • /
  • サブリースの基本はリスクヘッジ

サブリースの基本はリスクヘッジ

サブリース契約というのは、不動産経営の知識や経験がない人が、専門業者に任せてリスクヘッジをするのが基本となるのです。したがって、決してより多くの利益を得ることが目的ではありませんし、収益の見込めない物件でも利益を得られるわけではないのです。

安定収入を得たい人が利用する

サブリース契約は、基本的に安定した収入を得たいと思っている人が利用するものです。知識のない人が不動産経営をすると、かえって赤字になってしまったり、様々な問題やトラブルを引き起こしてしまう可能性もあるわけです。それを防ぐために、プロの業者に経営の依頼をするのです。

サブリース契約を結べば、空室状況に関わらず一定の賃料が支払われますし、管理業務も全て業者が請け負ってくれますし、確定申告の方もシンプルになるので、様々なメリットがあるのです。

大きな利益を得ることはできない

ただ、サブリース契約を結ぶことによって、手数料や保証料などが賃料から差し引かれることになります。また、契約更新のたびに保証される賃料が下がるケースがほとんとです。そのため、サブリースでは大きな利益を得ることは基本的にできませんし、もし家賃収入を最大化したいと思っているのであれば、全て自分で経営をするしかないのです。

収益の見込めない物件では難しい

業者側もあくまで利益を得るためにサブリースを提供しているわけですから、収益が見込めないような物件だと、契約を結ぶのが難しくなってしまいます。もし仮に契約を結ぶことができたとしても、保証される賃料はかなり少なくなってしまうでしょう。

あくまでもサブリースは、リスクを軽減させることが目的であり、収益の見込めない物件を救済するようなシステムではないのです。

関連する記事