• Home
  • /
  • 自身で不動産経営をすることは難しい

自身で不動産経営をすることは難しい

不動産経営は専門知識やスキルがある人なら、自分自身で経営をした方がより多くの収入を得られる可能性は高いです。ただ実際は、そういった知識やスキルがない人も多いでしょうし、だからこそサブリース契約を結ぼうと思うわけです。

自身での不動産経営は一筋縄ではいかない

もし不動産を自身で経営しようと思ったら、様々な専門知識が必要なのはもちろんですが、管理業務も全て自分で行わないといけないのです。入居希望者に対する手続き業務や、入居者を集めるための宣伝活動、もちろん入居者への日々の対応など、やるべきことは山のようにあるのです。また、何かトラブルや問題が起きた時でも、自分で対応して解決しなければなりません。

そうなると、時間的にも厳しいという人もいるでしょうし、別に本業のある人だと尚更無理があるわけです。だからこそ、知識がない人はもちろん、忙しい人でも不動産経営をするために、サブリースを利用する人もたくさんいるのです。

利益を得られなければ意味がない

確かに自身で不動産経営をした方が、満室になった時には家賃の最大収入を見込むことができます。しかし一方で、空室が多い状況になれば、ほとんど利益を得ることができず、むしろ赤字経営を余儀なくされるかもしれないのです。

いくら大きな収入を得られる可能性があっても、結局利益を得られなければ意味がないわけですから、それだったらリスクを抑えてサブリース契約を結んだ方がいいと考える人もいるわけです。

一概にどちらがいいとも言えない

もちろん、自身で不動産経営をする場合と、サブリースを利用する場合のどちらにも、それぞれメリットもあれば難点もあるわけです。そのため、一概にどちらがいいとも言えませんし、だからこそ両者の特徴をしっかりと把握した上で判断すべきなのです。

関連する記事